大人の一人暮らし〜1人飯、1人遠足、1人酒〜

子どもが大学進学で関東へ。シングルマザーで18年間の二人暮らしから、一人暮らしへ。果たして、寂しさを乗り越えれるのか?そして、ちゃんと(?)大人としての一人暮らしを再スタートできるのか?

一人暮らしだからこそ、自分の生活と健康に気をつけたい。そのための3つのゆるいルール。

不思議なもので、家族がいると、多少疲れてても、相手の食事のバランスや、生活リズムに、気をつかってる。

で、結果的に、自然に自分もバランスの良い食生活や生活になってることが多かったと思う。


それが、どうしても、一人暮らしだと、ついつい、まあいいかと食事がいい加減になったり、夜ふかし生活に傾きがち。


あんまりきっちりいろいろ決めるのは苦手なので、最低限守りたい目標として、3つほどゆるいルールを決めてみることにした。


1.最低でも一週間に3日以上は自炊する


ちょっとでも仕事が遅くなると、ついつい出来合いのお弁当を買って帰ることが増える。

でも、なんだか味気ないし、ついでにブラブラとコンビニやスーパー内を見て回ってしまう。それで、るけっこう時間がたってしまって帰る時間が余計に遅くなったり、余分な物を買ったりしてる。



そこで、できるだけ、平日の自炊のハードルを下げる工夫を取り入れることに。


すごく基本的なことだけど、

○週末に最低2つは、野菜の作り置きをする。

○ご飯はまとめて炊いて、一膳ずつに分けて、冷凍、冷蔵しておく

○そのままでも食べられて、自分の好きな食材を常備する

(豆腐、冷凍枝豆、納豆、卵、プチトマト、チーズなど)

f:id:shinsadd:20170710223103j:plain


2.週に一度は絶対残業せずに、早めに帰宅する。


いわゆる、自分で勝手にノー残業デーを決めるってやつ。

この日は、自宅でのんびり過ごす日にして、ゆっくりお風呂に入ったり、DVDを見たり、本を読んだり。

で、お酒や、コーヒーがお供にあれば、最高に楽しめる。  

f:id:shinsadd:20170710224425j:plain


3.12時前には寝る


帰宅がだいたい8時以降になることが多いので、ご飯を食べたり、入浴したり、その上だらだらテレビやネットでも見ようものなら、あっと言う間に12時過ぎに。


基本的には11時以降はテレビ、ネットは見ない!

見たいテレビがある時は録画。

できれば10時以降は、本や書き物などの時間にしたいかな。ネットはブログまでにして。


ゆるめのルールでも、なかなか守り続けるのは難しい。

でも、1人だからこそ、自分のからだ、時間を大事に過ごす工夫っている気がする。


40代の1人暮らしにかかる生活費はどのくらいか?ミニマムライフコストについて考えた。

本田直之さんと四角大輔さんの本、「モバイルボヘミアン  旅するように働き、生きるには」を読んだ。


さあ、これからどう働き、どう生きよう?と再び考えてる今、すごく気になるタイトルだった。


仕事のために生きるのではなく、

自分が本当にやりたいこと(大切なこと)のために生きていい


こんな当たり前のはずのことを忘れ、ひたすら生活のために働く、働くことが当たり前だから働く、みたいなことになってた。

今の仕事はそれなりに好きな仕事だけど、不本意でもやらなくてはいけないこともたくさんある。

それは、働いてお金をもらっているからには、当たり前でみんな我慢してることだと思ってた。


最近、自由にやりたいことを仕事にしようとして頑張っている人たちに出会ったこともあり、今後の働き方に関しては、本当に考えさせられる。


で、本の中にまずは、お金に縛られない生活、いわゆるお金のために働くという呪縛から逃がれるための、自分の必要最低限の生活費を把握するっていうのがあった。


いい機会なので、この年代で1人暮らしするのに、どのくらいかかるか確認してみることに。


家賃   約50,000円

光熱費  約10,000円

(春、秋はエアコンをほとんど使用しないので、もっと安くなる。)

通信費  約10,000円

(固定電話  2,500  ネット  2,500

auほぼ通話のみ  2,000  スマホ二台分

2,500〜3,000)

雑費  5,000円

保険  8,000円

食費  20,000円

(お昼はできるだけお弁当持参。週末の作り置き野菜を利用)

f:id:shinsadd:20170709195003j:plain

だいたい一回の買い物がこんな感じ。これに、パン、ヨーグルト、卵、納豆、チーズが加わる感じ。


こずかい  15,000円

(趣味、本屋巡り、うち居酒屋、プチ遠足、瞑想etc.基本、お金がそんなにかからないかな)

f:id:shinsadd:20170709195328j:plain

今日も海の中道志賀島方面へぶらり。


こんな感じで、合計約120,000円くらい。

物欲も少ないから、そこまで節約してる感じはないけど、そこそこローコストな生活かも。


子どもにかかる教育費は入ってないけど、もう大学生なので、奨学金に、本人のバイト代一部負担もある。無理のない範囲でしか、サポートできない約束になってる。

しかも、後四年で、自立するはず⁈


こうやって、具体的に数字で確認してみたら、がむしゃらに働かなくてもなんとかなる気がしてきた。


その上、固定電話、au、保険、ひょっとすると家賃さえ、削減対象になりそう。


本当に自分がやりたいこと、大事なことのために、お金と時間をかける生活。

一歩ずつ目指したいなあ。



  

帰って10分晩御飯。〜心と体が疲れた日のネバネバパスタ〜

今日は、七夕。

でも、福岡は大雨で、場所に寄っては、災害が発生した。


仕事は、福祉職なので、こんな日は、忙しくなることを覚悟する。

自分たちで、できることをやるしかない。

目の前の困り事に対応する。

そんな事の繰り返し。


とにかく、1日が終わり、さすがに気持ち的にも、体力的にもヘトヘトに。

こんな日は夕食は外で済ましたい所だけど、そんな元気もないので、帰って簡単なものを作ることに。


先日食べたコンビニのパスタを思い出しながら、元気がでそうなパスタをつくる。

オクラ 、山芋、水菜、トマト、えのき、大根おろし

ドレッシングをかけたら、ねばねばパスタの完成。


f:id:shinsadd:20170708171806j:plain


で、ちょっとお酒も。

f:id:shinsadd:20170708172226j:plain

ストロングゼロの新商品。

塩グリーンレモン。これに、さらにレモンを絞って。

私、元気を取り戻せ!


そして、何より今でも災害の真っ只中にいる方々に、1日も早く平穏な日々が訪れますように。


何もない日々は、ともすればたいくつに感じてしまうけど、まわりの人が元気で日々を送っていることが奇跡なのだと感じた七夕の1日。









2017年後半のやりたいことを考える。10のやりたい目標リストを作る。

早いもので、7月になった。

とうとう、扇風機を出し、苦手なエアコンも少し使うことにした。

古いマンションの最上階は、ものすごく暑くなるのだ。


で、暑さを紛らわすため、そして、人生をちょっとでも楽しむため、今年後半のやりたいことをノートに書いてみた。


1.持ち物を半分に減らす

最近、約三年おきに引っ越しをするので、持ち物はずいぶん減った。

そして、ここ1〜2年でまた引っ越しを考えている身としては、まだまたま荷物を減らしたいところ。

1番頭を悩ますのは、息子の荷物。

帰ってきたら使うんじゃないか、あるいは懐かしいという想いが、物を捨てずらくしている。

自分のものは案外あっさり捨てるのに^^;


2.サード・プレイスをみつける


いわゆる、自宅、職場とは隔離された居心地のいい第3の場所をみつける。これは、今ペンキ塗りを手伝ってるブックカフェがそうなりそうなんで、完成が待ち遠しいかぎり!


3.誘われたら、まずやってみる。


 自分が考えつくことや、興味があることってどうしても偏りがち。

元々は、人見知りの出不精派の私だけど、とりあえず誘われたら断らずやってみようと思う。その上で合わなければ、続けなければいいし。


4.母親の得意料理を習う


一緒にキッチンに立つとけんかになるから、避けてきた。

でも、やっぱり元気なうちに習っておきたい。特に玉子焼きと煮物。


5.継続できる運動をみつける


ハードなスポーツは厳しいんで、ウオーキングかヨガが候補。


6.瞑想の習慣を身につける


不定期にやってる瞑想時間を毎日継続したい。リトリートも体験したい。


7.ブログを継続する。


8.作ったことのない料理にチャレンジする


元々、料理は得意じゃないから、ハイリスクだけど^^;


9.本屋さん巡りをして、本屋さんの本を作る


今時、パソコンがあれば、なんでもやれそう。チャレンジあるのみ!!


10.引っ越し先を決める


来年には引っ越し予定。どのエリアで生活したいか、旅しながら肌に合いそうな場所を探す。


地に足がついてない夢みたいな目標もあるけど、真剣に目指したいことばかり。

なんにしろ、思い描かないと、到着しないよね。


f:id:shinsadd:20170703185104j:plain

福岡市博物館で開催されていたポンペイの壁画展にあったヤマザキマリさんの壁画イラスト。

真剣に考えてたら、なぜかこの絵が頭に浮かんだ^^;




夕暮れの家居酒屋を楽しむ。女性向けの焼酎の飲み方を試してみる

夏が近づき、ずいぶん日が長くなってきて、少し早く帰れた日は、まだ外も明るい。


帰り道、木挽BLUEという芋焼酎のサンプルが配られてた。

焼酎を自分で買って飲んだことはないけど、最近、焼酎好きな人と話しをしたばかり。

なんとなく気になっていた。

でも、水割りやロックという気持ちでもないしな〜


こんな日は、簡単なおつまみを用意して、家居酒屋を楽しむ。

焼酎は、いつもの酵素シロップと氷、焼酎に無糖の炭酸水を入れて混ぜてみる。


今日のおつまみは、茶豆とプチトマトとチーズ。私の大好きなもののアラカルト。どれもほぼ素材そのままなので、すぐ準備できるところもいい。

f:id:shinsadd:20170701221901j:plain


f:id:shinsadd:20170701222343j:plain


焼酎自身がすっきり辛口なので、シロップをいれたことで、焼酎初心者の女性でも飲みやすい感じ。


外は暑くなってきたけど、窓を開け、外の風を楽しみながら、ゆっくり楽しむ。


夏が来たんだな〜


お気に入りだった服を手離す。少しずつ年令に合わせて、似合う服を見直す。

基本的に、洋服は気に入ったものを厳選して持ちたいほう。


それでも、子どもと暮らしている時期は、自分のことは、ちょっと後回しになってた。

そんな時期も、できるだけこれって思える服を買って、大事に着てた。


で、レギュラーの春〜夏服で、大好きだったんだけで、さすがに年令的にどうなんだろうと思った服が何着かあった。


ストライプのチュニック

白い刺繍とレースのチュニック

花柄のスカート、、

f:id:shinsadd:20170628215812j:plain


分かってる、年令的に結構厳しくなってる。

でも、気に入ってたし、他に気にいる服と出会ってないし、といろいろ言い訳しつつ捨てられなかった。


思い切って、手離したら、気に入った服と出会った。


ストライプで刺繍のチュニック

ZARAで購入。

バーゲンで約3000円。

好きな要素が2つちゃんと入ってる。カジュアルで可愛いすぎないとこもいい。

f:id:shinsadd:20170628220005j:plain


と、マリン風ワイドパンツ。

ジーユーで約2000円。

流行りの形でベージュなので、一年で着たおす覚悟で。

f:id:shinsadd:20170628220117j:plain


後は、手持ちの服に合わせるシルクの紺色のロングカーディガンを探したい。


洋服は、年齢にとらわれすぎず、好きだと思うもの、着心地が良いものを選びたい。


それでも、

手放さないと、出会わない。

新しいものが、入ってこない。


どっか、子育てと似てると思う。



初の壁塗りDIY。いくつになっても、やりたいこともできることも増やせる。

知り合いになった、とっても素敵な本屋さんが、引っ越して、爽やかなパートナーさんと新店舗をオープンする予定。

カフェも併設するとのことで、古い店舗をリノベーション中。この壁のペンキ塗りに参加させてもらった。


なんにしろ、壁に思いっきりペンキを塗れるなんて!!

昔の私なら、そんなことペンキ屋さんか手先の器用な人がすること!って決めつけてた。

でも、自分時間が持てるようになり、人生立て直し中の私としては、いろいろやってみたい!

そして、夢を叶えようと頑張っている人たちは応援したい!


最初に壁に思いっきり落書きを楽しみ、それからペンキ塗り。

古いお家が、白い壁の全く違う雰囲気に生まれ変わって行く。

初めての経験だったけど、楽しかった〜。

f:id:shinsadd:20170626184903j:plain

これはまだ一度塗りの最中。


いくつになっても、やれることが増える、可能性が増すって素敵なことだと思う。


お昼は海の見えるベンチで。

f:id:shinsadd:20170626185153j:plain

ちょっと曇ってたけど、海辺はやっぱり気持ちがいい。


海と本と美味しいコーヒーとビール。

私の大好きなものが集合した場所が秋にはオープンする予定。


疲れた時に、ゆっくりできる場所。

完成するまでに、自分もちょっとだけお手伝いに参加させてもらう。

特別な場所になるだろうな。


さあ、今年の夏は後何回か手伝おう。

で、いつか私も何かできたらいいな〜